chocolateのつぶやきすぎ日記

ほぼジェジュン溺愛日記 

『海にかかる霧』観てきました(TдT)

本日は久々に 家族の用事もないオフ日
(≧∇≦)/
そこで 『海霧』を観に!!
私が行ける映画館では 朝一番とレイトショーという上演パターンなので 大急ぎで朝イチへ〜!
けっこう ギリギリの時間で映画館に到着
ががががが
あわてんぼうの私 なんとお財布にお金を入れずに出かけてしまい 
「カードもあるし まーいいっか」と 思ってチケットを買おうと思ったら
なんと現金のみって!!
ガーン_| ̄|○ il||li
慌てて銀行にダーッシュ
ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
もうふうふうしながら 本編ギリギリセーフ!
と 私の間抜け話はこの辺で(^_^;)チャンチャン


映画は 以前にもブログで触れましたが 本国公開とほぼ同時期に 有料サイトで観て 衝撃を受けたものでした
http://d.hatena.ne.jp/chokoreeto/20141125
ぜったい スクリーンで観なくちゃと思ってはいましたけれど
これ 一人で見に行けるかどうか 本当に迷いましたけれど
勇気を出して!!
(๑•̀ㅂ•́)و✧!


なんたって アイドル映画なんかじゃないですから
船乗りの独特な世界観
低所得者層の貧窮の唯一のはけ口が 異常なまでの性欲で描かれ
守りたいものを守るための 誤った選択は 
大切なものを もっとも 汚して失うことに


いっぽう ドンシク(ゆちょん)は 守りたいものを守るために 二度と消せない過去を背負う事に…


映画は 実に男性的(なんて表現して良いか言葉が浮かばず)で 
ゆちょなが ビジュアルを捨てて(?)太ってまで挑んだ映画
本当に 危険なシーンが多くて やんわりゆちょなが好きだわぁ〜なんていう人が観に行ったら 耐えられないんじゃないかな?
でも この映画を選んだ彼の覚悟は かなりなものだと思います
役者より唄を歌ってよっていう声も目にしますが これ ペンはしっかり観て 彼の覚悟を受け止めて欲しいなとも 思ってしまいました!
ラブシーンが わー!きゃー!なんて言ってる場合じゃないんです
もう 私は何度も号泣しちゃうシーンなんですよ
( TДT)


今後 歌も重要な彼の魅力のひとつですが 役者では秀でた才能をますます磨いていって欲しいです