chocolateのつぶやきすぎ日記

ほぼジェジュン溺愛日記

日刊スポーツの記事の重み

翌日 日刊スポーツで
こんな風に記事になるなんて思いもしなかった〜

f:id:chokoreeto:20171027100800j:plain


これってドリフェス云々の取材の記事というより
もう ジェジュンのソロ活動スタートのために
用意されてたスペースだねー
そこに載せるための写真を撮りに行った感ありありだ!
そうなると やっぱり日本の芸能界で受け入れ体制が出来たってことだよね
公式のファンクラブの運営に関して まだ情報を追ってないけど
レーベル契約もそう遠くない未来なのかも〜と 期待が膨らむ〜
今までも JYJのシングルが一瞬ランキングに入った時なんて まったく未来が見えない一発屋みたいな扱いだったし たいしたMVもなく そのまま尻切れトンボ ライブで日本語で歌うことも許されず いきなり谷底に落とされた思いだったもん
ジェジュンのソロに関しても タクローさんが作ってくれた曲は日本語歌詞もあったようだったのに 公開できず… ライブにもタクローさんが来てくれてるって ジェジュンがすっごく嬉しそうだったので 余計に悔しくて泣けたもんね󾌹
Glayも過去には苦しんだわけで あまりおおっぴらにジェジュンに曲を提供したってわかるとやばかったのかな?
いろいろ大人の事情
さらに日本独特の芸能界の掟の狭間で 何か手がないかとあちこち駆けずり回ってたんだろうなー
それが かえってまずい事にもなったのかな〜?
ジェジュンが突然泣き出した時のことを思い出すと 今でも涙が出ちゃう…

失敗はあったかもしれないけど それは道半ばだっただけで ジェジュンは常に みんなより先を見てるよね〜
一喜一憂せずに 追い風を送りながら 後ろからついて行けばいいって 本当に思うよ

今回 日刊スポーツの記事で 注目したのは 
韓国ユニットJYJって書いてくれたこと
この記事って 事前にジェジュンが目を通したりしてないかな〜なんて思ったりして

私はずっと 
ジェジュンは最初はJYJをユニットとして考えていた?って 言い続けてきたの
なぜかって言うと しつこいようだけど JJYからJYJに変更するとき 何事もなかった様に さらっと変更した事 そして その当時のジェジュンは 東方神起は5人だっていう観念が表に出てたから 新しいグループを作ったと言うより
JYJ of 東方神起のプロフを消さずにいて すっごく責られた 裁判の決着としてお互い干渉しないって事になって その表記を消した(ハッカーに乗っ取られたとかなんとか噂されしばらく閉鎖されたのちプロフが変わったんだったと記憶してる)
私の憶測は 裁判は終わったけど すっげー悔しくて飲んで暴れて泣いてプロフを書き換えたと思ってる←憶測だよ憶測!

でも彼の心の底には今もあるかもだけど←憶測だよー

その後 JJ of JYJ的な彼の意志は あまりにもメンバー優先に考えて ソロ活を決して優先しようとしないジェジュン
みんなちょっとイライラ 他メンバーの妨害だとか 他メンバーを攻撃したり悪口言ったり そうかと思うと そんな悪口を言うファンを見たらジェジュンが悲しむ云々 いっつもその争いの繰り返し それでも 態度を変えないジェジュン!
絶対みんなの揉め事を見てるに決まってるのに!!

なんたって解散の責任を重く自分で背負ってしまっていたジェジュンには 他のメンバーのことも守らなきゃって頑張り過ぎてたんだよ
冗談ぽくだけど 「ほとんど同じ歳なのになんでヒョンでいなくちゃならないのーー」って弱音を吐いた時もあったけど けっこう本音がぽろりだったのかもね

よく頑張ってきたよ本当に
(TT)


そんな責任感の強いジェジュンに メンバーを捨てろって言っても無理なのよね
 
だけど JYJは ユニットなんだってところに立ち返れば 流動的にすべて考えられるし 彼の信念とのバランスというか 落としどころになるんじゃないかと ずっとずっと願ってた
皆さんは そんな中途半端じゃなくて 解散しろって怒るんでしょうけど
どんな嫌な思いをさせられたとしても そこはなかなかジェジュンには辛い選択なんじゃないかな
解散と同時にソロ活だと メンバーを捨てた自分って 自分で自分を傷つけそうだもん

今回 日刊スポーツの記事のトップにユニットと入れてきたのには  JYJファンへの配慮もあって ソロ活への反発を招くことなく 受け入れられるんじゃないかしら

本当に うまくまとまった記事だと思い 記者さんが誰なのかな〜 気になるわ

そして ご本人のインスタにもアップしたね✌

f:id:chokoreeto:20171028040201j:plain

こっちのバージョンも欲しかったかも

 

ちょっと読み返す時間がなくて 毎度のことながら 誤字脱字お許しくださいませ