chocolateのつぶやきすぎ日記

ほぼジェジュン溺愛日記 

MASAKO様

長く 適応障害に悩まれて…
(;_;)
いつも 気になっている存在です


オランダへの公務を無事に終えて
自信につながったようですね
まだまだ 無理しないでいいですよー
って 声をかけてくださいねー


いろいろ 無理なことなのかもしれませんが
皇室に 関することは まったく知識がないけど
一女性として
私が 常に思っていることを



もともと 外交官を目指していたわけですよね〜
バリバリな ワーキングレディーだったってことですよね〜
きっと 英語力や コミュニケーション能力
外交に関するお仕事に 生き甲斐を得られるんじゃないかって
だから そちら方面の公務を もっとできたら
精神的に 満たされるんじゃないかしら
今の状態では
自分の価値を 卑下してしまっているんじゃないかと
いつも心配…
流産されたり 男の子がいないことなど
そんなことで 女の価値を判断するなんて
ナンセンスなことではあるんですけど
特殊な世界ですからね
そのプレッシャーは 恐ろしいほどだと
一般の世界だって 悩む人は かなり大きな悩みとして
心に占める割合は 大きいでしょう


国内にいるより 海外で活動できるようにするとか…
ダイアナさんも 慈善活動に 力を注いでましたよね〜
かなり危険とおもわれるような 未開の土地にも踏み込んだり
エイズに関することにも 力を注いでいたと記憶してます
日本で 彼女がそういう選択をする自由があるとは
ちょっと 考えにくいかもですけど
どうにかならないかしらね
お嬢様の 学校問題も抱えてたので
働く女性としては辛いところなんですけど
考える方向を変えてみると
ママが 充実している姿を見せてあげることが
お嬢様にも 良いと思うんですよ
皇室という世界で
押しつぶされそうなママを見てたら
自分も それに関して いじめを受けたら
どん底ですよね〜
もし ママが活き活きしていたら
多少のことを言われても 立ち向かえると思うんですよ
どうでしょう?
最近 お嬢様の 表情もやわらかくなりつつあるので
ママも自分のことを考えてもいいんですよー
って ここで 叫んでもね(*≧∀≦*)


きっと 一般人のままだったら
好きな映画も見に行ったり
新しい話題の店に お友達とお食事に出かけたり
美術館でゆっくりと休日を過ごしたり
本屋さんで 本を選んだり
お洋服も 別に買わなくても お店を見て回ったり
などなど
すべて こんな簡単なことも
いきなり できなくなってしまったわけでしょ
私が考えたら地獄だな
(^。^;)


東京から
この 田舎に越してきた私ですら
上記のようなことができなくなって
頭 おかしくなりそうでしたから〜
(*≧∀≦*)
今は それなりに自由にしてますけどね〜
あっ 最近は ライブも行くようになったので
かなりなもんですかね
( ´艸`)


って 今日は 久々に こんな話題でした