chocolateのつぶやきすぎ日記

ほぼジェジュン溺愛日記 

夏に向けての節電

今後 かなり長いスパンで電力の供給に関する問題と
向き合っていかなくてはいけないようですが
この災害時にはじめて 電気が貯めておけないことを知りました
なぜ 通勤ラッシュや 一番電気を使用したい時間帯に
計画停電を実施するのか 
初めのころはとても疑問でした
使用量の少ない時間帯に発電しても無駄になってしまうとか…
そんな仕組みとはまったく知りませんでした
節電に国民が一丸となって協力していく姿勢が必要であるのはわかりますが
蓄電という技術はまったく皆無なのでしょうか?
まさかねぇ〜
オール電化のフレーズの中に
電気代の安い時間帯で………ができる みたいなことを
聞いたように思えますが 温水を作っておくだけの仕組みなのでしょうか?
ぜひ 蓄電の技術の開発も視野に入れられないでしょうか?


節電もいろいろな方法が叫ばれていますが
計画停電や事業所に無理な節電の規制をかけるなど
産業 生産 などの低下につながらない方法を極力考えないと
日本全体が疲弊してしまう
コストはかかるがLEDへの変換を推進し、
生産をアップさせる提案をしているかたがいらっしゃいました
さらに その生産工場を被災地に作り 雇用につなげるという構想です
とても共感が持てました
他にもそういったことが考えられるような気がします


企業などがなるべく元気でいられる形で
節電するためには
ちりも積もれば…の精神で
一般家庭でもがんばる必要があるでしょう


先日 ガソリンを入れるために
車の中で凍えないように準備万端にして
4時間ほどの長い列に並びましたが、
その行列の道すがらには コンビニもなく
まして ファミレスなんてものもない……田舎ですからね
そこで目に入ったものが!!!
某タイヤショップが 大きく手書きで
「トイレを利用してください」と張り出してくれてたのです

幸いに 私は必要ではありませんでしたが
その心遣いにおもわず感激
・゚・(。>Д<。)・゚・


ちょっと手を差し伸べることで
助かることがある

この考えから節電を考えると……
今年の夏もまた猛暑になるかもしれませんよね
オフィスビルの冷房はきっと弱く設定するでしょうが
都内の素敵な(?)オフィスビルって
ほとんど一階がとてもきれいな何もないフロアになっていたりしますよね
あそこを一般開放できないでしょうかね
ベンチや椅子をできるだけ配置し
夏の暑い時間帯に涼みに行くわけです
そのほかにもデパートなども同様に
休憩スペースをたくさん作り
自宅の冷房を切って公共施設や
繁華街へ涼みに行くことを奨励
するのです
商業ビルも売上につながるし
持ちつ持たれつ
図書館などでも子供向けに読み聞かせの企画を増やし
乳幼児を育てて自宅にいる母親に
授乳スペースの確保などをすすめ公共施設で過ごしてもらえるようにする
老人向け施設でも もっと半日ステイなどの企画で
要介護認定者だけでなく、涼みにいけるような企画を計画するなど
みんなが少しずつ設定温度を下げることも大切だとは思いますが
涼しいところにみんなで集まったほうが効率良いのでは?



会社勤めをしていたときを思い出すと
朝まだ涼しい頃に家を出て 
ギンギンに冷えた電車で1時間ほどゆられ
夜中12時頃まで涼しいオフィスで残業し、
また ギンギンに冷えた電車で帰宅
夏の間 平日に暑いと感じた覚えがない!
そして自宅の電気代がかからない
(^-^ゞ



あまり つらいことは 長続きしない
出来る限り 楽しみにつなげられる工夫が必要
さらに生産をアップできる方法
石原都知事が さっそく 節電のために自動販売機も再考?!とか…
いやいや ちょっと待ってよって思ってしまいました
暑いときにどんどん買ってもらわないと!!!!
総台数削減より配置の工夫ってわけにはいかないでしょうかね?
稼ぎ時に稼げなくては
雇用につながらない!!!!
「企業は思い切って一ヶ月全部夏休みにしてしまえ」 
なんて乱暴な案を言う人もいましたけど 
国民がみな 川で泳いで涼んで岩清水を堪能して 
夏を乗り切るってわけにはいかないでしょう
そこまで時代を逆行させられると 考えていらっしゃるのかしら?
結構大切で効率の良いのが
「暑いときは涼みに来て下さい」って張り紙をする気持ちですよ
いかがでしょうか?